すぺーすくるみ堂Profile of teshigotoya

創る楽しみ、知る楽しみ。

「手しごとや工房」から「すぺーすくるみ堂」へ。

 手仕事屋オープンと同時に、敷地内別棟の2階でスタートした「手しごとや工房」。以来、綾織り、裂き織り、原始機、草木染、こどものてしごとくらぶ、など各種講座が開催されてきました。

 しかし時代の移り代わりとともに受講される生徒さんの数も減少し、工房が使われる機会も減少していきました。そこでイベントやワークショップを中心とした貸スペースとして部屋を改装するプロジェクトがはじまりました。

「過程」を知る、楽しむ。

P1020172.JPG 改装のプランは多少大工仕事のできた出口に一任されました。そして新しいスペースを創造するにあたってテーマにしたのが「自分たちの手で創ろう!」ということ、そして「自然素材を使ってきもちの良い空間にしよう!」という2点でした。

 自分たちでやるとプロに頼んでしまえば半日で終わるものが、2日、3日とかかり、時間も費用も余計にかかってしまいます。しかしものの価値は完成形だけではありません。創る過程にいろいろな気づきや発見、驚きが隠されています。

新しくオープンするスペースでは、イベントやワークショップを通して「過程」のなかにある喜びや楽しみを提供したい。だからまず自分たちで創り、その過程を知る必要があったのです。

「手しごとや工房」から「すぺーすくるみ堂」へ。

 手仕事屋オープンと同時に、敷地内別棟の2階でスタートした「手しごとや工房」。以来、綾織り、裂き織り、原始機、草木染、こどものてしごとくらぶ、など各種講座が開催されてきました。

 しかし時代の移り代わりとともに受講される生徒さんの数も減少し、工房が使われる機会も減少していきました。そこでイベントやワークショップを中心とした貸スペースとして部屋を改装するプロジェクトがはじまりました。

「過程」を知る、楽しむ。

P1020172.JPG 改装のプランは多少大工仕事のできた出口に一任されました。そして新しいスペースを創造するにあたってテーマにしたのが「自分たちの手で創ろう!」ということ、そして「自然素材を使ってきもちの良い空間にしよう!」という2点でした。

 自分たちでやるとプロに頼んでしまえば半日で終わるものが、2日、3日とかかり、時間も費用も余計にかかってしまいます。しかしものの価値は完成形だけではありません。創る過程にいろいろな気づきや発見、驚きが隠されています。

新しくオープンするスペースでは、イベントやワークショップを通して「過程」のなかにある喜びや楽しみを提供したい。だからまず自分たちで創り、その過程を知る必要があったのです。

自然素材のこだわり空間。

P1020633.JPG新しいスタッフかなちゃんとともに作業。 床板は30mm厚の無垢の杉板を材木屋さんから購入し、自分たちで床に貼りました。厚みのある杉板は足の裏へあたる感触が柔らかく、裸足でもきもちよくすごせます。イベントの際、赤ちゃんや子供たちが寝転がることも想定して決めました。貼る作業はそれほど難しいものではなく、順調に進みました。

P1020635.JPG右は防水にするための液体。 貼ったあとは塗装です。塗装も自然素材にこだわって、日本古来の塗料である「柿渋」を使いました。最初はあまりの臭いにフラつくこともありましたが、最後の方は鼻もなれてきて問題なく作業を進めることができました。しかし隣の工房を使用している方から「気分が悪くなった」と言われたことも。申し訳ありませんでした。

携帯 337.jpg手漉き和紙はとても丈夫。 最後に壁です。もともとはビニールクロスでしたが、質感が好きではなかったので、壁には友人の和紙職人ハタノワタルくんの黒谷和紙を貼ることにしました。楮とミツマタで漉いた紙に少量の土を混ぜ合わせ独特の風合いをつくった紙を使用します。表面にはこんにゃくからできた糊を塗ることで防水の効果が生まれ、多少の汚れであれば水拭きすることが可能なんだそうです。

携帯 324.jpg楮は紙の原料。実際に壁に貼る作業は「和紙の部屋をツクル」と題したワークショップ形式にして、ワタルくんに来てもらい、和紙の歴史や特徴などの講座とともに希望された参加者の方と一緒に貼りました。

携帯 346.jpg山田オーナーも作業に参加。携帯 360.jpgみんな真剣です。

くるみの木が見える。

そして、自然素材に囲まれたきもちの良い空間が実現いたしました。
夏には窓から青々と葉を広げくるみの木が見え、風が通ります。その風景から新しいスペースの名前を「くるみ堂」と決めました。和紙の壁は温かみがあって、湿気を調節するので、ビニールクロスのときに比べ空気がサラッとしています。キッチン設備や食器などもある程度ありますので、各種イベントや会合などにお使いください。

P1030276.JPG階段も木に囲まれています。P1030268.JPGテーブルにも柿渋を塗りました。
P1030266.JPG座卓とテーブルが切り替えられます。P1030265.JPGシンク、コンロがあるので料理教室も可能。
P1030263.JPGプロジェクターを使った講座や映画上映会など。P1030269.JPGスクリーンはリサイクルのロールスクリーン。

▲ ページトップへ

「すぺーす・くるみ堂」使用条件

使用目的

映画上映会・勉強会・お話会等
各種教室 (料理教室・味噌仕込教室など)
会合・グループパーティ等 

※会合や会議、パーティ等で、ばんまい弁当をご準備することが可能です。
電話の方は・・・072-761-0064

メールの方はお問合せフォームから。

貸出時間

AM 10:00 ~ PM7:00(準備・片づけ含む)

基本使用料

1時間につき 600円+税(延長時:30分毎に300円+税)

売上手数料

売上が発生する場合:総売上の10%

※売上が発生しない場合、基本使用料のみ。